近藤亜美(柔道)の経歴&家族!父は元力士で兄も柔道家!カトパン似で可愛いと話題!

シェアする

近藤亜美

柔道女子48㎏級・近藤亜美(こんどう あみ)選手!

笑顔がとってもキュートで可愛い
リオデジャネイロ五輪の銅メダリストです!

近藤亜美さんのWiki風プロフィールや、
高校や大学など学歴&経歴まとめ、
実家のご家族(父母・兄)についてなど、
色々と調べてみました!

スポンサーリンク

近藤亜美さんのWiki風プロフィール!学歴&経歴まとめ!

近藤亜美
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00000077-spnannex-spo

名前:近藤亜美(こんどう あみ)
生年月日:1995年5月9日
年齢:21歳(※2016年現在)
出身:愛知県名古屋市
身長:156cm
体重:48kg
血液型:B型
所属:三井住友海上

柔道女子48㎏級日本代表・
近藤亜美(こんどう あみ)選手!

柔道女子48㎏級といえば、
“ヤワラちゃん”こと、谷亮子選手を思い出しますが、
近藤亜美選手は、“ヤワラちゃん2世”とも呼ばれています。

笑顔がとってもキュートで可愛いですよね♪

カトパン(加藤綾子アナ)似とも噂があります♪(↓)

実は、0歳から体操教室に通っていたという、
近藤亜美選手!

お母さんは、女の子らしい新体操などをしてほしかったそうですが、
お兄さんの影響で、5歳の時に柔道を始めます。

兄と同じ地元の「六郷道場」に通い、
習い始めて2カ月で出場した大会で
なんと準優勝をします。

準優勝でも十分スゴイと思いますが、
近藤亜美選手は、
「金色(のメダルが)がほしい」
と、言っていたといいます。

しかし、男の子に交じって年上と対戦することもあり、
なかなかは優勝はできなかったそうです。

残念ながら、決勝戦で負けてしまい、
「銀は要らない」とトイレに閉じこもって、
表彰式に出ることを渋ったこともあるそう。

やはり負けずぎらいの精神って、
強くなるのに大切なんですね!

小学校2年生になると、
愛知県大府市にある「大石道場」へ移ります。

「大石道場」といえば、
金メダリストの吉田秀彦選手や
谷本歩実選手を輩出した名門です。

メキメキと実力を付けていった近藤亜美選手は、
5年生の時に学年別の40キロ級で全国大会初優勝!

各大会で優勝を重ね、
小学校の卒業時には獲得金メダルが
なんと”100”を超えていたといいます。

中学校は愛知県一宮市にある、
中高一貫教育の私立「大成中学校」に進学。

柔道の強豪校「大成中学校」で技術を磨き、
中学3年生の時には、
全国中学校柔道大会48㎏級で優勝します。

高校はそのまま、
「大成高等学校(大成高校)」へ進学。

高校1年生で、
15歳から17歳の選手による世界選手権
「世界カデ柔道選手権大会」で優勝!

高校3年生では、
インターハイ」、「グランドスラム東京」
次々に優勝を飾りました。

高校卒業後は、大学へは進学せず、
2014年「三井住友海上」へ入社。

平日午前中はオフィスで仕事をしながら、
三井住友海上の女子柔道部に所属し、
柔道漬けの日々を送っています。

プライベートでは、
体の大きい男性が好きな「巨漢フェチ」だそうで、
相撲の横綱・白鵬さんが結婚したい理想のタイプなのだそう♪

まあ、周りがちょっと騒ぎ過ぎな感じもあるようですが…笑(↓)

2014年の「世界選手権」では、
見事19歳で、初出場・初優勝を飾りました!

10代での日本選手の世界女王は、
史上4人目の快挙です。

必殺技は、『払腰(はらいごし)』!

一瞬のすきをついて担ぎ上げ、
思い切り投げる豪快な技で勝ち続けてきました。

しかしその後、ライバル達に研究された近藤亜美選手は、
得意の『払腰』が決まらず、苦しみます。

2015年は、国際大会で2戦続けての初戦敗退など、
思わぬ敗北が続き、初めての挫折に悩みました。

“やっぱりまだまだなんだ”と
築き上げてきた自信が崩れていったという
近藤亜美選手ですが、
自分らしい柔道を取り戻し、
真の女王になるために模索を続けました。

その結果、
2016年の「ワールドマスターズ」では、
華麗な内股、大外刈りと多彩な技を
駆使して見事に優勝を果たします!

オデジャネイロ五輪日本代表に選ばれ、
オリンピックでは、日本勢初となるメダルを獲得!

金メダルを目指していた近藤亜美選手的には、
悔しさの残る結果だったようですが、
オリンピックという大舞台での“銅メダル”
本当に立派ですよね!

オリンピックでのメダル獲得、
本当におめでとうございます!

近藤亜美選手の今後の活躍に、
ますます期待が膨らみますね!

近藤亜美さんの家族について!

近藤亜美さんのご実家の家族についても調べてみました!

ご両親は、父親・敬造(けいぞう)さん、
母親・清美(きよみ)さん、
ご兄弟は、2歳上の兄・孝哉さんがいます。

父親・敬造さんは、愛知・名古屋市出身で、
中京高校、中京大学で相撲部に所属し、
学生選手権にも出場した“元力士”です。

実は、祖父・次郎さん(享年79歳)も力士だったそうで、
近藤亜美選手にも遺伝子が受け継がれているのでしょうか。

小学校3年生の時には、
町のちびっ子相撲大会で優勝した事も!

何しろ、体重100kgのお父さんとじゃれあう事が、
幼少期の近藤亜美選手の日課だったそうですから、
スゴイですよね!

2歳上の兄・孝哉さんも、
柔道家です。

近藤亜美選手が柔道を始めたのも、
元々はお兄さんの影響でした。

兄・孝哉さんは、近藤亜美選手と同じ大成高校から、
名城大学に進み、柔道部で副主将を務めています。

小柄な近藤亜美選手とは体格が異なるようで、
身長175cm・体重110kg、
階級は100㎏超級ということです!

スポンサーリンク

まとめ

柔道女子48㎏級・近藤亜美選手のWiki風プロフィールや、
高校や大学など学歴&経歴まとめ、
実家のご家族(父母・兄)についてなど、
色々と調べてみました。

笑顔がとってもキュートで可愛い
リオデジャネイロ五輪の銅メダリスト!

オリンピックでのメダル獲得、
本当におめでとうございます!

東京オリンピックに向けて、
今後の活躍がますます楽しみですね!
応援しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする