長迫吉拓(自転車BMX)の高校や経歴まとめ!家族&愛用バイクについて!

シェアする

長迫吉拓

自転車競技・BMXの日本代表
長迫吉拓(ながさこ よしたく)選手!

日本男子BMXのリオデジャネイロ五輪たった1つの出場枠の
日本代表に選ばれた、注目の選手です。

長迫吉拓選手のWiki風プロフィールや経歴&学歴、
ご家族についてなど、色々と調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

長迫吉拓さんのWiki風プロフィール!

WS000000
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00010003-sanyo-l33

名前:長迫吉拓(ながさこ よしたく)
生年月日:1993年9月16日
年齢:22歳(※2016年現在)
出身:岡山県笠岡市
身長:173㎝
体重:70㎏
特技:英語、スペイン語
所属:モトクロスインターナショナル

4歳で自転車競技・BMXを始めたという、
長迫吉拓(ながさこ よしたく)選手!

「BMX」とは、“自転車の格闘技”とも呼ばれ、
ジャンプやコーナーがあるコースで順位を競う自転車競技の事です。

スタート台の高さは8m!

 
自転車ペダルたった3漕ぎの2秒で、
時速50㎞も出るそうです。

最高時速はなんと60km!
スゴいスピード感ですね!

子供の頃は、
地元・岡山県笠岡市にある、
笠岡湾干拓地の市営BMX自転車競技場で
練習をしていたという、長迫吉拓選手。

5歳には、地元のレースに初参加!
9歳の時には、年齢別の世界選手権日本代表にも選出され、
海外のレースも初経験します。

2008年の北京五輪から、
BMXがオリンピック正式種目となった事を機に、
長迫吉拓選手は、オリンピック出場という、
将来の夢を大きく膨らませます。

2012年には、世界でたった1つしかないという、
スイスにあるBMXレースの訓練施設
「ワールドサイクリングセンター」へ渡り、
トレーニングを積みます。

スイスを拠点にして、
厳しいヨーロッパのレースを転戦。

2013年には、世界選手権大会で
アジア人初のファイナリスト(7位)となり、
日本のBMX界の歴史を塗り替えました!

<主な戦歴>
・全日本選手権5連覇
・アジア選手権2連覇
・2013年世界選手権7位
・2014年W杯第2戦6位

2012年のロンドンオリンピックも有望視されていましたが、
最終選考直前に、手首を骨折するというアクシデントに見舞われ、
残念ながら、日本代表枠を逃してしまいました。

2016年、国際自転車連合の個人ランキング
日本勢トップ(※2016年5月末 40位)の長迫吉拓選手は、
見事にリオデジャネイロ五輪たった1つの出場枠を掴み取り、
日本男子BMXの日本代表に選ばれました!

インタビュー動画♪(↓)

「目標は金メダル!」と語っていた
長迫吉拓選手!

得意な所は、絶妙なコーナーリングと、
コースのジャンプのこなし方ということで、
レースを見るのがとっても楽しみですね♪

ぜひ、メダル獲得を目指して、
頑張ってほしいです!

また、そんな長迫吉拓選手のライディングを支える、
相棒のバイクは“HARO BIKESのCARBON FRAME”なのだそう♪(↓)

長迫吉拓選手特別仕様のバイクは、
なんと約70万円もするそうですが、
とってもカッコイイですね!

リオデジャネイロオリンピック、東京オリンピックと、
今後、ますます長迫吉拓選手の活躍に期待が高まりますね!

長迫吉拓さんの中学・高校・大学など学歴について!

長迫吉拓さんの出身中学校は、
地元・岡山県にある「笠岡市立大島中学校」です。

中学卒業後、
高校へ一度は進学しますが、中退しています。

BMXに取り組みながら、遠征費用を貯めるために、
週5日、時給700円の和食店で
アルバイトをしていたそうです。

高校名の方は、残念ながら情報がありませんでした。
大学についても、
進学はされていないようです。
スポンサーリンク

長迫吉拓さんの家族について!

長迫吉拓選手を支えるご家族についても、
調べてみました。

ご両親は、父親・有二(ゆうじ)さん、
母親・貴恵(たかえ)さん、
ご兄弟は、姉・萌子(もえこ)さんがいます。


父親・有二さんは、
笠岡湾干拓地内でバラ園を営んでいます。

元々は大手企業のサラリーマンだったそうですが、
40歳を前に会社を脱サラして、
夢だった農業に挑戦し、バラ園を始めました。



父親・有二さんが営む「長迫バラ園」のすぐ目の前に、
日本でも数少ないBMXのコース、
市営BMX自転車競技場があったことから、
長迫吉拓選手は、BMX競技に興味をもち、
練習を始めたそうです。

当時、BMXのコースは、
日本全国に5つしかなかったそうですから、
運命的なものを感じますね!

その後、BMXに夢中になった長迫吉拓選手は、
バラ園の片隅に、自分で重機を使って、
3年がかりで”自分専用のBMXのコース”を作ったそうです。

手作りの練習場、スゴイ情熱ですね!

そして、そんな長迫吉拓選手の情熱を
支えてくれたのは、家族の愛でした!

遠征の費用は、ほとんどが自己負担。
海外遠征であれば、
1回に数十万円もするといいます。

長迫吉拓選手の頑張っている姿を
間近で見ていた父親・有二さんは、
何とかギリギリお金のやりくりをして、
一生懸命、長迫吉拓選手を支えていたと言います。

長迫吉拓選手自身も、両親の負担を減らしたいと、
高校を中退し、アルバイトで費用を貯めたり、
18歳からは、自分自身で資金を援助してくれる
スポンサー探しをしていたそうです。

自作でプレゼン資料を作成し、
約400社もの企業にアプローチして、
1年後、初めてスポンサー企業を獲得!

父親・有二さんは、
「本当によく頑張っていたので、
この頑張りを一番ほめてやりたい!」
と、親としての思いを語っていました。

長迫吉拓選手自身の情熱もスゴイですが、
見守り支えた続けた
ご家族の愛も、本当に素晴らしいですね!

まとめ

自転車競技・BMXの日本代表である、
長迫吉拓選手のWiki風プロフィールや経歴&学歴、
ご家族についてなど、色々と調べてまとめてみました!

日本男子BMXのリオデジャネイロ五輪たった1つの出場枠の
日本代表に選ばれた、注目の選手です。

長迫吉拓選手の今後の活躍に、
ぜひ、期待したいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする