ケンブリッジ飛鳥の経歴&家族!実家の父母や兄弟は?体脂肪率が驚異と話題!

シェアする

ケンブリッジ飛鳥

陸上男子短距離選手・ケンブリッジ飛鳥さん!

日本初の9秒台が期待される、
リオデジャネイロ五輪の日本代表選手です。

イケメンハーフで、
走る姿が本当にカッコイイですよね!

ケンブリッジ飛鳥さんのWiki風プロフィールや、
学歴&経歴まとめ、実家のご家族(父母・兄弟)についてなど、
色々と調べてみました!

スポンサーリンク

ケンブリッジ飛鳥さんのWiki風プロフィール!学歴&経歴まとめ!

ケンブリッジ飛鳥
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00010000-yrioolym-spo.view-000

名前:ケンブリッジ 飛鳥 アントニオ(ケンブリッジ あすか アントニオ)
生年月日:1993年5月31日
出身:ジャマイカ
所属:ドーム

陸上男子短距離選手、
期待の新星のケンブリッジ飛鳥さん!

ジャマイカ人の父親と日本人の母親を持つ
ハーフのケンブリッジ飛鳥さんは、
父親の母国・ジャマイカで生まれ、
日本に来日したのは2歳の時です。

子供の頃は、大阪市都島区に住んでおり、
「大阪市立淀川小学校」、「大阪市立淀川中学校」
に通っていました。

小学生の時はサッカークラブに所属するサッカー少年で、
陸上を始めたのは、中学生になってからです。

中学3年生に上がる時、
母親の仕事の都合で東京の陸上強豪校と言われる
「江東区立深川第三中学校」に転校。

中学3年生で、全国中学200mに出場するものの、
結果は残念ながら予選落ちでした。

しかしその頃、北京五輪のテレビ観戦で、
ジャマイカのウサイン・ボルト選手の圧巻の勝利レースを見て、
“カッコイイな”と憧れ、本気でオリンピックを
目指したいと思うようになったと言います。

高校は、陸上の名門「東京高等学校(東京高校)」へ進学。

高校3年生の時には、
全日本ジュニア200mで優勝を果たします。

大学は、「日本大学文理学部」へ進学。

大学2年生の時には、
東アジア大会200mで優勝し、
初の国際タイトルを獲得します。

大学在学の途中までは、
それほどウエイトトレーニングなどをせず、
天性の才能で走る感じのままだったという
ケンブリッジ飛鳥さん!

加速力が有効な200mで、
最初は実績を残していました。

しかし、大学2年生の冬に1人でジャマイカに渡り、
憧れのウサイン・ボルト選手が所属する
レーサーズトラッククラブで1週間ほど
トレーニングを積んだことで、走りに磨きがかかります。

あいにく、ボルト選手は不在でしたが、
世界トップレベルの選手たちと練習する中で、
最初に指摘されたことが、
“体が出来ていない”という事でした。

ウエイトトレーニングについていけないと、
体格の差を痛感したと言います。

その後、ケンブリッジ飛鳥さんは、
専門トレーナーの指導を仰ぎ、
本格的なウエイトトレーニングを導入し、
肉体改造に取り組みます。

食事にも気を使い、
タンパク質は肉だけではなく、
魚からも毎食取るように心がけます。

また、食べる量も増やし、
1日5食取ることもあったと言います。

その結果、筋力アップで、
体重は73㎏から78kgへと5㎏増加!

身長180㎝、体重78㎏。
彫刻のような肉体美を誇る、
ケンブリッジ飛鳥さんの
体脂肪率はなんと驚異の4%です!


スポンサーリンク

大学卒業後は、
2016年4月、株式会社ドームへ入社。

2016年5月21日「東日本実業団予選」では、
リオ五輪参加標準記録10秒16を大幅に突破する
日本歴代9位となる、自己ベスト”10秒10″を記録。

2016年6月25日の陸上日本選手権・男子100mでは、
ライバルの山縣亮太選手、桐生祥秀選手を破り、
見事優勝して、リオデジャネイロ五輪への出場を決めました!

山縣亮太選手、桐生祥秀選手とは、
日本初の9秒台を目指すライバル同士でもありますが、
リオデジャネイロ五輪では、
400メートルリレーを一緒に戦う
チームメイトでもあります。

日本初の9秒台をマークすれば、
所属会社のドームから、
なんと“1億円のボーナス”
が出るというケンブリッジ飛鳥さん!

「モチベーションが100倍」と語っていましたが、
ぜひ、夢の9秒台を記録してほしいですね!

ケンブリッジ飛鳥さんの家族!父親・母親・兄弟について!

ケンブリッジ飛鳥さんは、
ご存知の通り、ハーフです!

父親は、ジャマイカ人で、
名前を「ジョージ」さんと言います。

母親は日本人で、名前は「景子」さんです。

母親・景子さんが、仕事でジャマイカに滞在中に、
父親・ジョージさんと出会い、ご結婚されたそうです。

ご両親の年齢は、
父親・ジョージさんが49歳、母親の景子さんが52歳です。
(※2016年現在)

母親・景子さんは、綾戸智恵さん似で、
大阪のお母ちゃんというイメージなのだそう。

ケンブリッジ飛鳥さんを一流の陸上選手に育て上げたのは、
母親・景子さんの力が大きいと言われています。

中学の頃から、ケンブリッジ飛鳥さんの練習を
熱心に見守っていたという、母親・景子さん!

大学2年生の冬に、ケンブリッジ飛鳥さんが、
ジャマイカに渡り、ウサイン・ボルト選手が所属する
レーサーズトラッククラブでトレーニングを積んだのも、
母親・景子さんが知人のツテを頼り、
ほとんど段取りしたのだと言われています。

やはり一流選手を育て上げるには、
親の力や協力が大きいんですね!

また、ケンブリッジ飛鳥さんのご兄弟には、
2歳年下の妹・ケンブリッジ沙紗(さしゃ)さんがいます。

妹・ケンブリッジ沙紗さんも
以前は、陸上の槍投げで活躍されていたそうです。

とっても可愛いという噂です♪
美系兄妹なんですね!

スポンサーリンク

まとめ

陸上男子短距離選手・ケンブリッジ飛鳥さん!

日本初の9秒台が期待される、
リオデジャネイロ五輪の日本代表選手
ケンブリッジ飛鳥さんのWiki風プロフィールや、
学歴&経歴まとめ、実家のご家族(父母・兄弟)についてなど、
色々と調べてまとめてみました!

日本初9秒台、本当に楽しみですね♪

ケンブリッジ飛鳥さんの活躍に、
ぜひ、期待していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする