押切もえ 学歴まとめ!小説の評判や評価は?絵の才能もスゴイ!

シェアする

押切もえ

モデル&タレントとして活躍している、
押切もえ(おしきり もえ)さん!

実は小説家としても活動されていて、
2作目の小説「永遠とは違う一日」
山本周五郎賞の候補作品に選出され、
話題になっています。

押切もえさんの学歴&経歴などWiki風プロフィール、
小説の評判や評価、内容などを調べてみました♪

スポンサーリンク

押切もえさんの経歴&Wiki風プロフィール!

押切もえ
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000034-jijp-soci.view-000

名前:押切もえ(おしきり もえ)
生年月日:1979年12月29日
出身:千葉県
血液型:A型
身長:169 cm
体重:非公開
所属事務所:株式会社パール

高校生の頃からティーン誌『Popteen』読者モデルとして、
カリスマ的な存在だった、押切もえ(おしきり もえ)さん!

読者モデル時代は、かなりのギャル路線で、
現在のお姉さま系の雰囲気とは、結構かけ離れていますよね。

右側が読モ時代の押切もえさん♪(↓)

2001年に、雑誌『CanCam』専属モデルとなった直後、
所属事務所が解散してしまい、モデルだけでは生活出来ずに、
日雇いアルバイトなどをして苦労していた時期もありました。

しかし、次第に知名度も上がり、
『CanCam』の人気モデル蛯原友里さん、山田優さんと並ぶ
トップ3モデルしてブレイク♪

特に、蛯原友里さんとはよく比較もされて、
人気を二分していましたね。

2007年に『CanCam』を卒業し、
お姉さん系『AneCan』の専属モデルになっています。

蛯原友里さんと2人で「美と健康」をテーマにした
レッグウェアのブランド『MOTESTO』をプロデュースするなど、
デザイナー活動もされています♪(↓)

小説家としては、
2013年に長編小説『浅き夢見し』でデビュー。

『浅き夢見し』(↓)


浅き夢見し [ 押切もえ
]

価格:1296円(税込、送料無料)

2016年に刊行の第2作『永遠とは違う一日』で、
第29回山本周五郎賞の候補作品に選ばれています♪

『永遠とは違う一日』(↓)


永遠とは違う一日 [
押切もえ ]

価格:1512円(税込、送料無料)

押切もえさんの学歴についてまとめ!

小説家としての第2作『永遠とは違う一日』が、
第29回山本周五郎賞の候補作品に選出された、
押切もえさん!

小説家としての才能はもちろん、
学歴も気になりますよね!

押切もえさんの出身学校を調べてみました!

千葉県出身ということで、
中学校は、地元の松戸市立第五中学校

高校は、千葉県市川市にある、
私立の昭和学院高等学校に入学しています。

2003年から男女共学とあるので、
押切もえさんが通っていたころは、
女子高だったんですね。

ただ、押切もえさんは
昭和学院高等学校を卒業はせずに、
自主退学で中退されています。

その後、千葉県立市川西高等学校に、
一学年下で再入学され、
高校卒業されています。

スポンサーリンク

大学は情報が全くありませんので、
進学されていないようです。

高校卒業後には、芸能活動が本格化して、
お忙しかったんでしょうね!

小説の評判や評価は?

2013年に長編小説『浅き夢見し』で、
小説家としてデビューされた、押切もえさん!

3年かけて書き下ろしたという、『浅き夢見し』の内容は、

「25歳の売れないモデルの主人公が、うまくいかない挫折や失敗の日々を乗り越え、売れっ子モデルへと成り上がっていく新感覚のモデル物語」

ということで、
押切もえさんいわく、

「夢をあきらめないで追いかけている人、夢を忘れてしまった人、
夢をこれから見つけたい人に読んでほしい」

という、作品なのだそう♪

モデルが主人公なので、
小説の主人公も必然的に押切もえさんを
イメージしてしまいますね!

実際に、過去のご自身の体験を元に書いているそうです。

華やかにみえるモデル業界の裏側、
厳しいライバル同士の蹴落としなどがリアルに描かれていて、
読みやすいと好評価です。

「楽天ブックス」の読者投票によるランキング、
『2013年隠れた名作No.1』にも見事選ばれています♪

読んだ人たちの評価&感想まとめ♪(↓)

そして、2作品目の小説『永遠とは違う一日』は、
文芸誌『小説新潮』に1年に渡り掲載された6本の連作短編集♪

2016年2月に刊行されています。

内容は、

 「恋に仕事に、ふと立ち止まりそうになる女性の心情をそっと掬い上げ、
あなたの背中をやわらかく押す物語」

ということで、色々な女性の姿がそれぞれに描かれています。

第29回山本周五郎賞の候補作品に選ばれ、
高い評価を受けています♪

湊かなえさんなどと並んでの、
山本周五郎賞の候補ですから、
本当にスゴイですよね!

絵の才能もスゴイ!

モデル&タレントとしてだけでなく、
小説家としての才能も開花された、押切もえさん!

その才能はとどまるところを知らず、
実は、特技の絵の方でもかなりの才能を発揮されて、
実績を残されています。

なんと、『第100回記念二科展』への初出展で、
入選を果たされました♪

作品「咲くヨウニ1」♪(↓)


元々、花を描くのが好きで、
日比谷公園で見た植物を写真に撮りためて、
描いた作品だそう♪

押切もえさんいわく、

「綺麗なだけではなく濁った色を混ぜて木の幹とミックスした」

そうで、こだわりも素晴らしいですね♪

絵画鑑賞が大好きという押切もえさんは、
小学生の頃には絵を習っていて、
千葉県展でも入選したことがあるといいます♪

「仕事で忙しい時も、忙しさを絵にぶつけてリフレッシュしていた」

ということで、本当に絵がお好きなんですね!

まとめ

モデル&タレントだけでなく、
小説家としても活躍されている、
押切もえさんの学歴&経歴などWiki風プロフィールや動画、
小説の評判や評価、内容などをご紹介しました♪

2作目の小説「永遠とは違う一日」
山本周五郎賞の候補作品に選出され、
その才能が高く評価されている、押切もえさん!

特技の絵でも、二科展入選など、
本当にマルチな才能の持ち主ですね!

今後の一層の活躍に、
ぜひ期待したいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする