荏原充宏のWiki経歴や学歴!スマートポリマーで貼るガン治療とは?

シェアする

荏原充宏

荏原充宏(えばら みつひろ)研究員は、
ガン治療などの医療に革命を与えるという
『スマートポリマー』を利用した医療研究で、
話題の人物です。

3月13日放送「夢の扉+」にも出演で、
注目が高まっています。

荏原充宏さんのWiki風プロフィールや画像、
学歴や経歴などについてご紹介します。

話題の新素材「スマートポリマー」で行う
『貼るガン治療』とはいったいどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

荏原充宏さんのWiki風プロフィール!

荏原充宏
出典:https://an-life.jp/article/784#/page/2

名前:荏原充宏(えばら みつひろ)
生年月日:1975年生まれ
出身:東京都中野区
年齢:40歳
職業:物質・材料研究機構(NMIS)の主任研究員

東京都中野区生まれの荏原充宏(えばら みつひろ)さん!

小さい頃から母子家庭で育ち、
小学校3年生から中学校2年生までは、
岐阜県で過ごしましたが、その後また東京へ戻ってきています。


子供の頃から、何か新しいものを作り出すことに
興味があったとう荏原充宏さん。

すでにあるものではなく、新しく何かを作りたいと思うなんて、
やはり天才肌ですね!


荏原充宏さんは、フランスの作家「ジュールヴェルヌ」の著書、
『20世紀のパリ』という本と小学校3年生の時に出会い、
今ない技術を想像し、今ない技術を作らなければと
考えるようになったといいます。


『20世紀のパリ』の内容は、
電車が通る、人々が電話するなどの普通のパリの光景が書いてあり、
最初はつまらないと思ったものの、よくよく考えたら、
「ジュールヴェルヌ」がその本を書いた時には、
電車や電話はまだなかったという事に気づき、
衝撃をうけたのだそうです。

ジュールヴェルヌの、

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」

という言葉を実践したいと、荏原充宏さんは
医療研究への道に進むようになったのです。


“想像を実現する”
何だかワクワクしますね!

荏原充宏さんの学歴や経歴について!

荏原充宏さんは、小学校・中学校時代の大部分は、
岐阜で過ごしました。

高校は、東京都立西高等学校へ進学し、
大学は、早稲田大学理工学部応用化学科です。

大学に入り、共同研究先の東京女子医科大学でも
研究を始めたという荏原充宏さんでしたが、
実は、意外と不真面目で授業にはあまり出席しなかったそうです。

研究室に入ってから研究が楽しくなり、
真剣に研究に取り組むようになったといいます。

私が思うに、不真面目というより、
やはり天才肌の現れだったんではないでしょうか。

今あるものについて学ぶより、
新しいことを研究する方がきっと楽しかったのではないでしょうか。

荏原充宏さんは、

「世界で誰もやっていない。そういうのに喜びを感じて、寝る間を惜しんで研究しましたね。」

と語っています。

未知のものに取り組む方がやりがいを感じるなんて、
根っからの研究者ですよね!

荏原充宏さんは、将来は研究者になり、
海外に行きたいという思いから、早稲田大学大学院へと進みます。

早稲田大学大学院理工学研究科応用化学を専攻され、
博士後期課程を修了されています。

スポンサーリンク

大学院卒業後は、海外で研究したいと、
米国ワシントン大学へ留学されます。

その大学の研究室では、
「途上国の疾病に対して支援する」というテーマがあったそうで、

荏原充宏さんは、設備も何もない途上国で何が出来るかという難しいテーマで
自分が出来ることは何なのかと、散々悩んだそうです。

悩んだ末に、荏原充宏さんがたどり着いたのが、
「スマートポリマー」という素材を
医療に活用する研究するということでした。

「スマートポリマー」は、荏原充宏さんが学生時代から
再生医療の研究に使っていた材料です。

温度や磁場など外からの刺激に応じて、
性質を変える“賢いプラスチック”です。

TBS「夢の扉+」でも、特集されていた、
荏原充宏さんの研究を支えている、素材ですね。


3年の留学の後日本に帰国。
2007年から、大阪大学医学部附属病院未来医療センターの特任助教、
2009年からは、物質・材料研究機構(NMIS)の主任研究員として勤務。

同時期に、大阪大学大学院工学研究科の特任助教としても
勤務されています。

2015年からは、東京大学大学院工学研究科の非常勤講師、 
東京理科大学連携大学院の客員准教授も兼任、

現在は、 物質・材料研究機構(NMIS)の主任研究員として、
日々「スマートポリマー(スマポ)」の研究に励んでいらっしゃいます。

ガン治療はスマートポリマー(スマポ)で飛躍的に変わる!?

ガン治療や心臓病から人工透析まで!医療に革命を与えるという、
『スマートポリマー(スマポ)』とは、いったい何なのでしょう?

“ポリマー”とはプラスチックの事です。

荏原充宏さんが研究している
『スマートポリマー(スマポ)』とは、
温度や磁場など外からの刺激に応じて、
変幻自在に性質を変える“賢いプラスチック”です。(↓)

荏原充宏さんは、この“賢いプラスチック”『スマートポリマー(スマポ)』
を利用して、未来の医療材料の研究に取り組んでいるのです。

ガン細胞が90%も激減したり、人工透析が腕時計型に姿を変えたりと、
その研究の成果は計り知れません。

その中でも特に、「貼るがん治療」の研究に力を入れているそうで、
『スマートポリマー(スマポ)』を用いたティッシュペーパーのような
医療素材を身体に貼るだけで、肺がんや皮膚がんを治療するという
まさに医療革命を起こしているのです。

最先端の再生医療というと、高額なイメージがあり、
金銭的な面で、実際に自分がその治療を受けられるのかという不安がありますよね!

しかし、荏原充宏さんは、アメリカ留学時代の
「設備も何もない途上国の疾病に対して支援する」という経験から考え方を180度変え、
「誰でも、どこでも、いつでも使える」をキーワードに医療材料を研究し続けています。

これからの日本医療革命の担い手なのです。

まとめ

ガン治療などの医療に革命を与えるという
『スマートポリマー』を利用した医療研究で話題の人物、
荏原充宏(えばら みつひろ)研究員の、
Wiki風プロフィールや画像、学歴や経歴などについてご紹介しました。

3月13日放送「夢の扉+」にも出演で、
注目が高まっていますね。

話題の新素材「スマートポリマー」で行う
『貼るガン治療』が非常に画期的で驚きました。

荏原充宏さんは他にも、「スマートポリマー」のすごさ・面白さを広く伝えるために
アウトリーチ活動として『スマポレンジャー』なども結成されています♪(↓)
荏原充宏2
出典:http://www.nims.go.jp/bmc/group/smartbiomaterials/outreach.html

「スマポレンジャー」の公式サイトはこちら(↓)
『ナノ戦隊 スマポレンジャー』
何だか面白そうなお人柄もうかがえますね♪

「スマートポリマー」を活用した再生医療、
本当に革命的で素晴らしいですね!

ぜひ、「誰でも、どこでも、いつでも使える」治療法に
なってほしいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする