林部智史の経歴&家族!出身高校や結婚は?うつ病や新聞奨学生の過去とは!

シェアする

歌手・林部智史(はやしべ さとし)さん!

テレビ東京「THEカラオケ★バトル」では、
2年連続年間チャンピオンを獲得、
「第58回日本レコード大賞」新人賞受賞、
「第49回日本有線大賞」新人賞受賞と、
“いまもっとも泣ける歌”として、
大注目されていますよね!

林部智史さんの出身高校や大学などWiki風プロフィール、
学歴&経歴まとめ、ご家族についてなど、
色々とまとめてみました!

スポンサーリンク

林部智史さんのWiki風プロフィール!経歴まとめ!

%e6%9e%97%e9%83%a8%e6%99%ba%e5%8f%b2
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000374-oric-ent

名前:林部智史(はやしべ さとし)
生年月日:1988年5月7日
年齢:28歳(※2016年現在)
出身:山形県新庄市
身長:172cm
体重:60kg
血液型:O型
所属レーベル:avex trax

“いまもっとも泣ける歌”として、
大注目の歌手・林部智史(はやしべ さとし)さん!

テレビ東京「THEカラオケ★バトル」では、
2015年&2016年、2年連続年間チャンピオン獲得という、
圧倒的な歌唱力を誇っていますよね!

素晴らしい抜群の歌唱力を持つ、
林部智史さんですが、
意外にも、本格的に歌手を目指し始めたのは
20歳を過ぎてからだったといいます。

実は、幼稚園の頃から、
“歌手になりたい”とは思っていたそうで、
小学校5年生の頃には、ビブラートができるほど
独学でずっと勉強していました。

しかし、自分の歌声を録音したテープを
レコード会社等に送るなどという発想はなく、
周りにも歌手を目指す人など、全く皆無でした。

あまりにも遠い世界すぎて、
“歌手になりたい”という思いを
口に出したこともなかったといいます。

また、小学校2年生の頃からは、
バスケット、水泳、バドミントンと
スポーツにも励んでいました。

特に、バスケットボールは、小学校・中学校と
県の選抜にも選ばれるほどの実力だったため、
そちらの方を職業にしようという気持ちもあったといいます。

高校は、一般受験で、
バスケットボールの強豪校を受験!

しかし、残念ながら不合格となり、
一浪の末、志望の高校へと入学します。

高校入学後も、バスケットボールに
情熱を注いでいた林部智史さんでしたが、
高校3年生の頃に、身長も含めて、
バスケット選手への自身の限界を感じたといいます。

高校卒業後は、看護師を目指して、
看護専門学校に入学。

しかし、実習で受け持った患者さんが亡くなられた事などから、
心のバランスを崩し、うつ病となってしまいました。

うつ病から、看護専門学校に通い続けることが困難となり、
沖縄へ渡り、居酒屋やリゾートホテルなどでバイトをしながら、
放浪する生活を送りました。

リゾートホテルには、
よくギターが置いてあったそうで、
林部智史さんはいつも歌っていたといいます。

沖縄から新潟、北海道の礼文島へと移り渡り、
たどり着いた、日本最北端の島“礼文島”では、
林部智史さんを”運命の出会い”が待っていました。

礼文島のホテルで出会ったある男性から、
「その声で歌手を目指さないのはおかしい」
と歌手への道を勧められたのです。

音楽に非常に熱い思いを持っていたという、
その男性の言葉に初めて心を動かされ、
ついに音楽に専念することを決意したという、
林部智史さん!

上京し、新聞奨学生として新聞配達をして働きながら、
22歳の時に、音楽の専門学校「ESPミュージカルアカデミー」
の学生となりました。

「ESPミュージカルアカデミー」と言えば、
EXILEのATSUSHIさんが卒業した専門学校です。

林部智史さんは、新聞奨学生として、
午前2時に起きて朝刊を配り、
授業・自主練習を終えると、
再び夕刊を配るというハードな学生生活を送りました。

体力的に辞めていく人も多い中、
林部智史さんは夢のために、
休むことなく、もくもくと励んだといいます。

そして、苦労の末、
「ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコース」
なんと、首席で卒業!

有名なアーティスト達を輩出してきた先生にも、
“歴代TOP3のボーカリスト”とお墨付きをもらったにも関わらず、
デビューという契約の声はかかりませんでした。

“やはり、自分には才能がないんだ”と、
一度は夢を諦め、
卒業後は、ディズニーシーでツアーガイドとして
働き始めたという、林部智史さん。


スポンサーリンク

そんな中、2013年、
テレビ東京「THEカラオケ★バトル」の出場をきっかけに、
再びアーティストとしての道を歩き始めます。

しかし、それから順調に進んだわけでは決してなく、
「THEカラオケ★バトル」へ出場を繰り返すも、
勝てない時期が続き、“無冠の帝王”、”勝てない男”などと
呼ばれるようになってしまったといいます。

それでも、負けず嫌いの林部智史さんは、
番組で高得点を出すために、
諦めずに努力に努力を重ねて、練習を続けていました。

そして、2014年には、
インディーズで1stシングル「なのはな」をリリース。

さらには、ワンマンライブも開催!
次第に動員数も増えていき、
インディーズ2ndシングル「光へ」もリリースします。

そしてついに、2015年には、
「THEカラオケ★バトル」で番組史上初となる、
予選・決勝共に連続100点を記録し、
年間チャンピオンを獲得したのです!

2016年には、念願のメジャーデビュー!
2月発売のデビューシングル「あいたい」は、
異例のロングセラーとなっています!

泣ける歌と話題のデビュー曲「あいたい」は、
2016年12月スタート、小池徹平さん主演ドラマ、
BS日テレ時代劇「佐武と市捕物控 冬夏の章」
主題歌にも起用されています。

ちなみに、「あいたい」のカップリング曲である、
「愛と笑顔を、、、」は、
山形放送のニュース番組「ピヨ卵ワイド」
エンディングテーマになっているのだそう!

2016年は、数々の新人賞も受賞しています!

「第49回日本有線大賞」新人賞受賞!

「第58回日本レコード大賞」新人賞受賞!

素晴らしい賞をいくつも受賞し、
歌手として輝かしい道を歩み始めた、林部智史さん!

今後の活躍が、
ますます楽しみですね!

林部智史さんの学歴について!高校や大学は?

林部智史さんの出身高校は、
地元・山形県の県立高校「山形南高等学校」です!

バスケの強豪校を目指して受験不合格の後、
一浪の末に合格されています。

「山形南高校」の偏差値をちょっと調べてみたところ、
理数科で“67”、普通科で“64”と、
山形県内でもトップ10に入る優秀な高校!

スポーツ、音楽の才能、
さらには頭も良いなんてスゴイですね!

高校卒業後は、
看護師を目指して、看護専門学校に入学しますが、
その後、うつ病に苦しみ、中退します。

音楽の道を目指して、
音楽専門学校「ESPミュージカルアカデミー」に、
22歳の時に入学。

新聞奨学生として働きながら、
「ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコース」を
首席で卒業しています。

スポンサーリンク

林部智史さんの家族について!兄弟姉妹や結婚は?

林部智史さんのご家族についても、
ちょっと調べてみました!

ご両親、お父さん、お母さんとも
とっても仲が良さそうで、素敵ですね!

ちなみに、お母さんは看護関係のお仕事をされているそうで、
その影響から、林部智史さんも高校卒業後に、
看護師を目指していたのだといいます。

ご兄弟は、お兄さんお姉さんがいるそうです。

お姉さんは、うつ病に苦しんでいた林部智史さんを
沖縄へと誘いだしてくれたのだといいます。

やはり、きょうだいって素敵ですよね!

ちなみに、ご結婚や嫁の存在については、
全く情報の方がありませんでしたので、
今のところ、独身なのではないでしょうか。。

そして、忘れてはいけないのが、
愛猫「ゆきちゃん」です!

愛猫「ゆきちゃん」
とっても可愛いですね♪

まとめ

歌手・林部智史さん!

テレビ東京「THEカラオケ★バトル」では、
2年連続年間チャンピオンを獲得、
「第58回日本レコード大賞」新人賞受賞、
「第49回日本有線大賞」新人賞受賞と、
“いまもっとも泣ける歌”として、
大注目されています!

林部智史さんの出身高校や大学などWiki風プロフィール、
学歴&経歴まとめ、ご家族についてなど、
色々とまとめてみました!

“泣き歌の貴公子”と呼ばれるのも納得の、
本当に素敵な歌声ですよね!

林部智史さんの歌手としての活躍が、
今後、ますます楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする